MLM企業1社の中でも用意したボーナスの数だけネットワークビジネスのツリーは存在する

[addAdR]

MLM主宰企業はメインのボーナスを大々的にアピールする

実際にネットワークビジネスをしていると、MLM主宰企業の概要書面には1つのツリー体系を説明することがほとんどで、企業側もリーダー格・素人関係なくディストリビューターの多くも、1MLM企業あたりメインのツリーは1つだと思っている方がほとんどですが、これは完全に間違いです

MLM主宰企業の幹部やマスターと言ったツリー全体の上層部にいる経験者しか感覚的に理解できない部分であり、更に複雑になるが故にあまり自発的に語ることはありませんが、実はツリーは「(一部のボーナスを除いて)用意されたボーナスの数だけ」存在します。

除外される一部というのは、小売販売、シェア型ボーナスのことを言いますが、、、これらはまた別の機会に書きたいと思います。

ニュースキン社を例に取ってみると、小売・シェア以外のボーナスとしては、「L1ボーナス」「エグゼクティブボ―ナス」「ウェルスマキシマイザー」という名前のボーナスが用意されています。

先に補足しますが「ウェルスマキシマイザー」は3つのボーナスの総称で、2つのボーナス合計と、もう一つのボーナスのうち、天秤にかけてみて計算結果で多い金額のほうがボーナスとして適用されて支給されるので、3つ全部取得できるわけではないです。

しかし、ニュースキンビジネスの報酬システムは業界一般的には「ブレイクアウェイ」と呼ばれます。原理的な部分を含めると「ブレイクアウェイ・オーバーライド方式」と言います。

このブレイクアウェイ・オーバーライド方式のツリーを基準に説明されることがほとんどです。

ボーナスの数だけツリーが存在する

[addAdR]
しかし、実際は

  • 「L1ボーナス」用のツリー
  • 「エグゼクティブボーナス」用のツリー
  • 「ウェルスマキシマイザー」内の「エクストラ・エグゼクティブ・ボーナス」用のツリー
  • 「ウェルスマキシマイザー」内の「ダブル・G1・ボーナス」用のツリー
  • 「ウェルスマキシマイザー」内の「ブレイクアウェイ・ボーナス」用のツリー

の5つのツリーが存在します。

ツリーはボーナス取得の権利関係を示したものですから、各ボーナスごとに権利関係の図であるツリーを持って報酬額を計算するので、基本的知識として厳密にはボーナスごとに存在すると認識しましょう。

各報酬システムの原理の構造を理解するとわかりますが、ちなみに上記の5つのボーナスを当サイトで定める原理的な名称で書くと、

  • L1ボーナス = 1レベル型ユニレベル・オーバーライド方式
  • エグゼクティブ・ボーナス = 0世代型ブレイクアウェイ・オーバーライド方式
  • エクストラ・エグゼクティブ・ボーナス = 0世代型ブレイクアウェイ・オーバーライド方式
  • ダブル・G1・ボーナス = 1世代型ブレイクアウェイ・オーバーライド方式
  • ブレイクアウェイ・ボーナス = セブンアップ式12×6世代型ブレイクアウェイ・オーバーライド方式

と認識して報酬額のシミュレーションを行います。

概要書面に書かれているツリーの図はあくまで「メインのボーナス」を説明する際のツリーだと理解するといいと思います。

ニュースキン社に関して言うならばメインのボーナスは「ブレイクアウェイ・ボーナス」です。
[addAdR]

原理の違うボーナスが2つ以上あると1つのツリーでは説明ができない

報酬システムの原理を理解すれば簡単にわかりますが、原資の計算原理が違うボーナスを2つ以上設けている報酬システムでは、1つのメインボーナスだけを用いて説明することはできません。

最近は主流のものとして、パスアップという原理基準のバイナリーと、オーバーライドという原理基準のマッチングの2つのメインボーナスを設けて展開するMLM企業が圧倒的に増えています。

最終的にはMLMというビジネスモデルで儲かるのは誰かというと、ディストリビューターではなく、紛れもなく経営者です。

そんな中で少しでもディストリビューターへの報酬として還元する額を上げる・・・・・というよりも、上がっているという実感をディストリビューターが「感じる」ために、実質的な還元率があがるような努力をしているものです。

そんな中で最近主流となっているのがこの2つのメインボーナス体系の報酬システムです。日本で先駆的に上陸した外資系企業が、今は消滅してジュネスに統合されましたが、「モナビージャパン」でした。

ジュネスも同じように2つのメイン体系、その他日本未進出の21世紀になって設立されたMLM企業のほとんどがこの2つのメインボーナスを用いています。

報酬システムを見ると、バイナリーとマッチングは別々になっており、原理が違うが故に2つを並列するように書いているというわけです。

従って、正確な表現としては、「メインのボーナス体系を1つに絞れる」のは、同じ原理同士のものだけということになります。

余談ですが、モデーアジャパンの名称変更前の会社名であったニューウェイズジャパンの報酬システムは、ユニレベルとブレイクアウェイの2つがあることから「ハイブリッドプラン」という名前で展開していました。

普通に考えて、ボーナスの数ごとにツリーが存在するんだから、全てのMLM企業の報酬システムは「ハイブリッドプラン」と言えますが、、、、これも報酬システムを原理的・計算的に理解できる人が圧倒的に少ないが故に、見た目という「インパクト重視」でつけたという典型的な例です。
[addAdR]