フォーデイズ(FORDAYS)のディレクターボーナスを解説【報酬システム(プラン)制度】

本記事で得られる知識

当記事では、フォーデイズの報酬システムのうち、ディレクターボーナスについて解説します。

この記事はこんな方向けです。

この記事を理解するためには、ネットワークビジネスの報酬システムのうち「マトリックス」と「オーバーライド」「パーソナルグループ」「(ブレイクアウェイの)0世代」「シェア」を体系的に理解できている必要があります。

ディレクターボーナス

「ディレクターボーナス」は正確には以下の5つのボーナスの集合体となっています。

5種類のコースのうち、リピート費用の高いBコース、Gコースを選択したメンバーが対象となります(これ以外にも受給条件あり。下部参照。)。

(1) : ラインボーナスの追加対p.v.ボーナス

特異型7×3マトリックスです。

ラインボーナスで構築されたダウンラインのうち、5次ライン(レベル5)から対p.v.ボーナスとして5%、9次ライン(レベル9)と10次ライン(レベル10)から2%のボーナスが発生するという、1次ライン~4次ラインと、6次ライン~8次ラインを飛ばした、変則型の7×3マトリックスとなります。

このボーナスは本来であれば、ラインボーナスの一部として考えるほうが、体系上の計算はしやすいのかなと思いますが、フォーデイズの報酬システムでは、

  • ラインボーナスの5次ラインが5%から10%になる
  • ラインボーナスの9次ライン、10次ラインに2%が追加される

と表現されています。

システム体系的にボーナス別に理解すると以下のような、ラインボーナスとは別のボーナスとして理解する必要があります。

対p.v.ボーナス率
5次ライン (=レベル5) 5%
9次ライン (=レベル9) 2%
10次ライン (=レベル10) 2%

(2) : 直接紹介者の5次ラインから4%

特異型X×1ユニレベルです。

こちらもかなり特異な形をしていますが、直接紹介者の5次ライン(レベル5)から4%のボーナスが発生します。

このボーナスは少々ややこしくて、対象となるのは(無制限幅ツリー上におけるレベル1の)直接紹介者の(ラインボーナスは7系列の制限幅ツリーなので、制限幅ツリーとしての)5次ライン(レベル5)の4%という、マトリックスとユニレベルが混ざった形となります。

対p.v.ボーナス率
直接紹介者の5次ライン 4%

(3)グループp.v.の7%

ステアステップです。

ラインリーダーとそれ以上のタイトルを同資格者としたステアステップボーナスです。

対p.v.ボーナス率は7%です。

対p.v.ボーナス率
ステアステップ 7%

(4)交通費

現金支給ボーナスです。

3ヶ月間「ディレクター」タイトルを維持できた場合に、地域別に定められた交通費がボーナスとして支給されます。

「交通費」というボーナスの名称になりますので、会社側はボーナスとして支払い、ディストリビューターは経費としてではなく、帳簿上は売上として計上する必要があるので、名称に惑わされないよう注意が必要です。

(5)販売促進ボーナス

均等型シェアです。

「交通費」と同様に3ヶ月間「ディレクター」タイトルを維持できることが追加条件です。

  • 「4月~12月のフォーデイズ総p.v.  ÷ 条件達成者数」の均等分配
  • 「9月~12月のフォーデイズ総p.v.  ÷ 条件達成者数」の均等分配

という、特定期間内でのシェアとなり、12月度のボーナスに加算されて支払われます。

ディレクターボーナスの注意点

名称は「ディレクターボーナス」ですが、様々な要素のボーナスを含んだ集合体であり、その1つ1つが特異なので、理解するまでに時間と勉強が必要です。

ディレクターボーナス取得条件

ボーナス取得条件は以下のとおりです。以下全てを満たす必要があります

1. Bコース・Gコースでオートシップを組んでいる

上位タイトル限定のボーナスのため、リピートも5種類のうち一番高いものを選択してる必要があります。

2. ディレクター以上のタイトル

ディレクター以上のタイトル保持者が取得対象となります。