モデーア(Modere)ビジネスプラン ソーシャルマーケターユニレベルボーナス解説

本記事で得られる知識

モデーアのビジネスプランにある「ソーシャルマーケターユニレベルボーナス」を体型的に理解することができます。

記事の前提

モデーア報酬システムを理解するためには、前提となる基礎知識が必要です。詳しくは報酬システムの基礎は把握してく必要があります(トップページ参照)。こちらを先に理解することで、よりイメージがしやすくなります。

全体像は、モデーア報酬システムの概要編を御覧ください。

その上で、

  • モデーアの現役会員の方にとっては自分で説明できるようになるため
  • 会員ではない一般消費者の方にとっては予備知識のため
  • 勧誘されている方にとっては判断してもらうため

の材料として捉えて頂ければと思います。

2019年12月時点での概要書面に基づいて解説をしています。ご存知のとおりネットワークビジネス主宰企業は報酬システムの知識が定着しそうな時期にちょこちょこ名称や内容を変更してきます。

もし報酬システムの更新があった場合は、概要書面をご提供ください。詳しくはこちら

記事の信頼性

筆者は主宰企業を設立しようとネットワークビジネスを経験していた元経験者です。詳しくはこちら「運営者の紹介

ビジネスプラン全体から見たソーシャルマーケターユニレベルボーナスの位置づけ

モデーアでは、オーガニゼーションツリー上の実績で計算されるボーナスのグループ(「ビルダーボーナス」と総じて呼んでいる)、カスタマーポッド内の実績で計算されるボーナスのグループ(「プロモーターボーナス」と総じて呼んでいる)、そしてユニレベル原理で構成されるグループ(「ユニレベルボーナス」と総じて呼んでいる)の3種類に大別されています。

ソーシャルマーケターユニレベルボーナスは、ソーシャルマーケターという名前はついているものの、「オーガニゼーションツリー」を土台に、ユニレベルで計算するので、ユニレベルボーナスの1つという位置づけです。

ボーナスの範囲はオーガニゼーションツリーを基準に計算し、報酬計算の元となる売上は各ダウンラインのソーシャルマーケターの購入分(MP)を基準に計算します。

ソーシャルマーケター会員1人1人が持つ「カスタマーポッド」ツリーが対象のユニレベルは、カスタマーユニレベルボーナスで計算され、このボーナスはダウンラインのソーシャルマーケターの自己購入分に限定される点、混同しやすいので注意が必要です。

ソーシャルマーケター会員が受給対象であり、取得するボーナスも「オーガニゼーションツリー上の実績に基づくビルダータイトル」をベースにボーナス率が変動します。

ボーナス体系を理解するために必要な要素

このボーナスを理解するために、先につかんでおかないといけない要素について解説します。他の記事の説明と合わせて多面的に理解頂けるように、あえて他の記事と重複する箇所も含みます。

計算の際、概要で解説した平均ポイントレートである1P = 178円で円換算した数字で示します。

オーガニゼーションツリー

ソーシャルマーケター会員で構成される、モデーアで1つ用意されているツリー。

モデーアでは特殊で、このソーシャルマーケター1人1人に「カスタマーポッド」と呼ばれるツリーが付随している。

オーガニゼーションツリーのどこかに、あなたが配置されていることになるが、報酬計算の際は自身をトップとした図をもって、ダウンラインの実績から報酬を計算する。

マーケターポイント(MP)

商品に付与されているポイントだが、ソーシャルマーケターとしての自分が商品を購入した場合のポイントのみを指す。

ペイレベル

ビルダータイトルである「ソーシャルマーケティングコンサルタント1(C1)」以上のソーシャルマーケターを1段として数えるレベル。

MLM WATCH的にいう「コンプレッションレベル(CLV)」のこと。

従って、C1に満たないソーシャルマーケターはその直近のダウンラインのソーシャルマーケターに合算されて計算されます。

ソーシャルマーケターユニレベルボーナスの内容

オーガニゼーションツリー内の、対象ペイレベルにいるダウンラインのソーシャルマーケターのMPに対してボーナス率を乗じて計算するのが、ソーシャルマーケターユニレベルボーナスです。

MLM WATCH的にいうと、「3×8 コンプレッション型ユニレベル 7up方式」になります。カスタマーユニレベルボーナスとは計算対象も計算方法も各ペイレベルのボーナス率も異なるので、混同しないように注意が必要です。

自身のビルダータイトルに応じて、最大ペイレベル8からユニレベルボーナスが発生します。

但し、カスタマーユニレベルボーナスを計算する売上の中に、ファーストオーダーボーナスの対象となる登録後30日以内の初回注文分については、そのMPの70%がこのユニレベル用に報酬対象として計算され、残りの30%は対象外になります。

従って、あるボーナスの計算対象のペイレベル内の売上合計が仮に2000MPの場合で、そのうちの2人が初回購入として100MPずつ登録後30日以内の初回購入だった場合は、ソーシャルマーケターユニレベルボーナスとして計算される対象は1940MP(1800MP + (200MP × 70%))ということになります。

ボーナスの取得条件

こちらが公式に定められている条件になります。

取得条件であるビルダータイトルごとの取得条件とボーナス率の解説は以下のとおりです。

ソーシャルマーケティングコンサルタント1(C1)

ある1ヶ月間に以下の条件を1度達成することでC1になります。

  • 150MP / 月
  • 1レッグ育成 / 月
  • ORGポイント 500 OP以上 / 月

約26700円/月の自己購入が必要、更にソーシャルマーケターを1人以上リクルート(1レッグ育成)した上で、ORGポイント(ダウンラインの売上合計)としては売上が約89,000円以上必要となります。

C1になると、ペイレベル1にいるソーシャルマーケター会員のMPの3%が報酬として確定します。

ソーシャルマーケティングコンサルタント2(C2)

ある1ヶ月間に以下の条件を1度達成することでC2になります。

  • 150MP / 月
  • 1レッグ育成 / 月
  • ORGポイント 1000 OP以上 / 月

約26700円/月の自己購入が必要、同じくソーシャルマーケターを1人以上リクルート(1レッグ育成)した上で、今度はORGポイント(ダウンラインの売上合計)としては約187,000円以上必要となります。

C2になると、ペイレベル1~2にいるソーシャルマーケター会員のMPの3%が報酬として確定します。

ソーシャルマーケティングコンサルタント3(C3)

ある1ヶ月間に以下の条件を1度達成することでC3になります。

  • 150MP / 月
  • 1レッグ育成 / 月
  • ORGポイント 2000 OP以上 / 月

約26700円/月の自己購入が必要、ソーシャルマーケターを1人以上リクルート(1レッグ育成)した上で、ダウンラインのオーガニゼーションツリー内の各ソーシャルマーケターのMP・CPの総合計の売上(ダウンラインの売上合計)が約356,000円以上必要となります。

C3になると、ペイレベル1~2にいるソーシャルマーケター会員のMPの4%が報酬として確定します。

ソーシャルマーケティングチームリーダー(TL)

ある1ヶ月間に以下の条件を1度達成することでTLになります。

  • 150MP / 月
  • 1レッグ育成 / 月
  • ORGポイント 3000 OP以上 / 月
  • 3000 OP3以上 / 月
  • MaxLeg 1500ポイントまで / 月

このタイトルから条件が2つ追加され5つ全て満たして達成になります。

約26700円/月の自己購入が必要、ソーシャルマーケターを1人以上リクルート(1レッグ育成)した上で、ORGポイント(ダウンラインの売上合計)は約534,000円以上必要となります。

これに加えて、オーガニゼーションツリー内の100MP以上購入したソーシャルマーケターだけをカウントするコンプレッションレベル3以内の売上が約534,000円必要です。

3コンプレッションレベル以内の最低売上と、オーガニゼーション内の最低売上が同じなので、3000 OP3の条件が達成できた時点で、3000 OPも達成できることになります。

ただ、このタイトルを取得するためには、MaxLegが1500ポイント(約267,000円)に制限されています。これは、自分自身のMP・CP合計も1つのレッグとして計算できる設計なので、自分自身のMP・CPで1500 OP(約267,000円)、そして育成した1系列で1500 OP(約267,000円)稼げば達成になります。

仮に、自分自身のMP・CPが1000 OP、1系列の売上が2000 OPだった場合は、1系列あたり最大1500 OP の制限があるため、オーガニゼーションポイントとしては1000OP + 1500OP = 2500OPとなり、条件の 3000OP以上を満たさないことになります。

TLになると、ペイレベル1~3にいるソーシャルマーケター会員のMPの5%が報酬として確定します。

ソーシャルマーケティングシニアチームリーダー(STL)

ある1ヶ月間に以下の条件を1度達成することでSTLになります。

  • 150MP / 月
  • 1レッグの育成 / 月
  • ORGポイント 6000 OP以上 / 月
  • 3000 OP3以上 / 月
  • MaxLeg 3000ポイントまで /月

約26700円/月の自己購入が必要、ソーシャルマーケターを1人以上リクルート(1レッグ育成)した上で、ORGポイントは約1,068,000円以上必要となります。

更に1系列育成した上で、オーガニゼーションツリーのうち、3コンプレッションレベル内の売上を3000(約534,000円)OP以上達成が必要です。

1レッグあたりの最高限度が3000ポイント(約534,000円)なので、例えば、自身のMP・CP合計を3000ポイント(約534,000円)以上、1レッグのオーガニゼーションポイント(ダウンラインの売上)合計3000(約534,000円)以上で、計6000ポイント(約1,068,000円)になります。

STLになると、ペイレベル1〜3からの5%に加えて、ペイレベル4から2%が報酬として確定します。

    ソーシャルマーケティングディレクター1(D1)

    ある1ヶ月間に以下の条件を1度達成することでD1になります。

    • 150MP / 月
    • ソーシャルマーケティングチームリーダーが1人いるレッグを1レッグ育成 / 月
    • ORGポイント 12000 OP以上 / 月
    • 3000 OP3以上 / 月
    • MaxLeg 7000ポイントまで /月

    このタイトルの昇格条件から、レッグの条件に「ソーシャルマーケティングチームリーダー(TL)」のメンバーが1人という条件が加わっています。

    レベル1にTLがいる必要はなくあくまでグループの誰かということなりますが、通常は一番TLになりやすいのは自分の紹介者になりますので、そこを育成していくことになります。

    条件の補足としては、約26700円/月の自己購入が必要、ソーシャルマーケティングチームリーダーが1人いるレッグを1レッグ育成した上で、ORGポイント(ダウンラインの売上合計)は約2,136,000円以上必要となります。

    更に1系列育成した上で、オーガニゼーションツリーのうち、3コンプレッションレベル内の売上を3000(約534,000円)OP以上達成が必要です。

    1レッグあたりの最高限度が7000ポイント(約1,246,000円)です。

    D1になると、ペイレベル1〜3からの5%はそのままですが、ペイレベル4から3%が報酬として確定します。

    ここまではカスタマーユニレベルボーナスのボーナス体型と全く同じです。

        ソーシャルマーケティングディレクター2(D2)

        ある1ヶ月間に以下の条件を1度達成することでD2になります。

        • 150MP / 月
        • ソーシャルマーケティングチームリーダーが1人いるレッグを2レッグ育成 / 月
        • ORGポイント 25000 OP以上 / 月
        • OP3が3000ポイント以上 / 月
        • MaxLeg 15000ポイントまで /月

        約26700円/月の自己購入が必要、ソーシャルマーケティングチームリーダーが1人いるレッグを2レッグ育成した上で、ORGポイント(ダウンラインの売上合計)は約4,450,000円以上必要となります。

        更に1系列育成した上で、オーガニゼーションツリーのうち、3コンプレッションレベル内の売上を3000(約534,000円)OP以上達成が必要です。

        1レッグあたりの最高限度が15000ポイント(約2,670,000円)です。

        D2になると、ペイレベル1〜3からの5%はそのままですが、ペイレベル4~5から3%が報酬として確定します。

              ソーシャルマーケティングディレクター3(D3)

              ある1ヶ月間に以下の条件を1度達成することでD3になります。

              • 150MP / 月
              • ソーシャルマーケティングチームリーダーが1人いるレッグを3レッグ育成 / 月
              • ORGポイント 50000 OP以上 / 月
              • OP3が3000ポイント以上 / 月
              • MaxLeg 35000ポイントまで /月

                約26700円/月の自己購入が必要、ソーシャルマーケティングチームリーダーが1人いるレッグを3レッグ育成した上で、ORGポイント(ダウンラインの売上合計)は約8,900,000円以上必要となります。

                更に1系列育成した上で、オーガニゼーションツリーのうち、3コンプレッションレベル内の売上を3000(約534,000円)OP以上達成が必要です。

                1レッグあたりの最高限度が35000ポイント(約6,230,000円)です。

                D3になると、最大ペイレベル6までが対象で、ペイレベル1〜3からの5%はそのままですが、ペイレベル4から4%、ペイレベル5~6から3%が報酬として確定します。

                エリートソーシャルマーケター1(E1)

                ある1ヶ月間に以下の条件を1度達成することでE1になります。

                • 150MP / 月
                • ソーシャルマーケティングチームリーダーが1人いるレッグを3レッグ育成 / 月
                • ORGポイント 100000 OP以上 / 月
                • OP3が3000ポイント以上 / 月
                • MaxLeg 70000ポイントまで /月

                    約26700円/月の自己購入が必要、ソーシャルマーケティングチームリーダーが1人いるレッグを3レッグ育成した上で、ORGポイント(ダウンラインの売上合計)は約17,800,000円以上必要となります。

                    更に1系列育成した上で、オーガニゼーションツリーのうち、3コンプレッションレベル内の売上を3000(約534,000円)OP以上達成が必要です。

                    1レッグあたりの最高限度が70000ポイント(約12,460,000円)です。

                    E1になると、最大ペイレベル7までが対象で、ペイレベル1〜3から5%、ペイレベル4~5から4%、ペイレベル6~7から3%が報酬として確定します。

                    エリートソーシャルマーケター2(E2)

                    ある1ヶ月間に以下の条件を1度達成することでE2になります。

                    • 150MP / 月
                    • ソーシャルマーケティングチームリーダータイトルのメンバーが1人いるレッグを3レッグ育成 / 月
                    • オーガニゼーションポイント200000 OP以上 / 月
                    • OP3が3000ポイント以上 / 月
                    • 1レッグあたりの最高限度ポイント140000ポイントまで /月

                    約26700円/月の自己購入が必要、ソーシャルマーケティングチームリーダーが1人いるレッグを3レッグ育成した上で、ORGポイント(ダウンラインの売上合計)は約35,600,000円以上必要となります。

                    更に1系列育成した上で、オーガニゼーションツリーのうち、3コンプレッションレベル内の売上を3000(約534,000円)OP以上達成が必要です。

                    1レッグあたりの最高限度が140000ポイント(約24,920,000円)です。

                    E2になると、最大ペイレベル7までが対象となり、ペイレベル1〜4から5%、ペイレベル5~7から4%、ペイレベル8から3%が報酬として確定します。

                    エリートソーシャルマーケター3(E3)

                    ある1ヶ月間に以下の条件を1度達成することでE3になります。E3がビルダータイトルにおける最高タイトルです。

                    • 150MP / 月
                    • ソーシャルマーケティングチームリーダータイトルのメンバーが1人いるレッグを3レッグ育成 / 月
                    • オーガニゼーションポイント400000 OP以上 / 月
                    • OP3が3000ポイント以上 / 月
                    • 1レッグあたりの最高限度ポイント280000ポイントまで /月

                    最高タイトルです。

                    約26700円/月の自己購入が必要、ソーシャルマーケティングチームリーダーが1人いるレッグを3レッグ育成した上で、ORGポイント(ダウンラインの売上合計)は約71,200,000円以上必要となります。

                    更に1系列育成した上で、オーガニゼーションツリーのうち、3コンプレッションレベル内の売上を3000(約534,000円)OP以上達成が必要です。

                    1レッグあたりの最高限度が140000ポイント(約49,840,000円)です。

                    E3になると、最大ペイレベル7まではE2と同じですが、ペイレベル1〜5から5%、ペイレベル6~8から4%が報酬です。

                    カスタマーユニレベルボーナスの特徴

                    原資がペイレベル内のソーシャルマーケターの自己購入になるため、計算式は純粋なユニレベルですが、そもそもの一定購入量が毎月150MP/月(=26700円)であり、業界一般的な自己購入としては、更に割高な設定になっています。

                    ボーナスの範囲が3×8と、ペイレベルが最大8コンプレッションレベルまであるのは非常に広いですが、最大のボーナス率も5%しかないため、一定の報酬金額を得たい場合には、それなりの人数が必要になります。

                    ここで、ソーシャルマーケターユニレベルボーナスを毎月1万円得るケーススタディを立ててみます。

                    タイトルやダウンラインの実績によって計算が異なるので、いくつか用意してみました。

                    例えばタイトルがC1の場合で、月1万円の報酬を得る計算をしてみると、

                    ケーススタディ1 : C1で月1万円の報酬を得たい場合

                    150MP/月 × 3% × 130円 = 585円

                    (10,000円 + 26,700円) / 585円) = ペイレベル1にソーシャルマーケターが63人/月

                    です。この金額を得る他の条件としては、

                    • 自分も26700円(=150MP)/月分の商品を購入している
                    • ペイレベル1で63人の150MP/月を購入するソーシャルマーケターが必要

                    この条件を達成すると、粗利的計算になりますが、自分の自己購入150MP分の商品購入費用を差し引いても1万円の報酬を獲得することができます。

                    さすがにペイレベル1から63人もソーシャルマーケターを勧誘できる人は万が一の確率ですので、非現実的です。

                    しかしC2に昇格すると、ペイレベル1~2内に63人がいればいいことになるので、昇格すれば範囲が大きく広がります。

                    もう一つケーススタディを用意します。

                    ケーススタディ2 : TLになり月1万円の報酬を得たい場合

                    150MP/月 × 5% × 130円 = 975円

                    (10,000円 + 26,700円) / 975円) = ペイレベル1~3内にソーシャルマーケターが38人/月

                    です。この金額を得る他の条件としては、

                    • 自分も26700円(=150MP)/月分の商品を購入している
                    • ペイレベル1~3の範囲内で38人の150MP/月を購入するソーシャルマーケターが必要

                    の全てを満たしている必要もあります。

                    C1からTLに昇格するだけで、同じ1万円の報酬でも、必要人数が大きく減って負担が下がっていることが理解できます。

                    モデーアでは、ユニレベルがメインのボーナス体型ですので、こちらのソーシャルマーケターユニレベルボーナスは、カスタマーユニレベルボーナスと合わせて、メインのボーナス体型となります。

                    従って、ここをどれだけ効率よく組織拡大をしていくかが鍵となってきます。