ネットワークビジネスにおける期間で分けた報酬(ボーナス)原資計算を理解する


ネットワークビジネスにおいて、報酬が発生するのは、あなたが報酬を受取るための条件を満たした上で、対象期間内に対象範囲のダウンラインのメンバーが商品を購入うすることで発生します。

その計算の元になる商品の購入は原資計算の基本で解説しました。

ここでは、その例外で且つMLMで一般化している「期間別」の概念を設けた原資計算について解説していきます。

期間別の概念とは

期間別の概念というのは、例えば「直接紹介者が新規登録後一番最初に購入した場合」とか「ダウンラインで◯◯タイトルに昇格後4週間以内の購入で」と、期間限定の条件を課したボーナス体系を指します。

一番理解しやすい初回購入という期間別の概念のケーススタディについて説明したいと思います。

ユニレベルのケーススタディで期間別原資の概念を説明します。

ここでは、Eさんが登録してから2回商品購入をした場合のボーナスを計算します。商品金額は1万円とします。

Eさんが新規登録後1回目の商品購入をした場合

A,B,Cさんのボーナス金額 : 0円

Dさんのボーナス金額 : 10,000 × 50% = 5,000円

Eさんが新規登録後2回目の商品購入をした場合

Aさんのボーナス金額 : 10,000 × 5% = 500円

Bさんのボーナス金額 : 10,000 × 10% = 1,000円

Cさんのボーナス金額 : 10,000 × 15% = 1,500円

Dさんのボーナス金額 : 10,000 × 20% = 2,000円

同じ商品でも原資計算の仕方が異なる

図2 : 正確な原資構成

このサイトにかかれている内容を理解頂くとすぐイメージできますが、ツリーは基本的に報酬還元の権利対象を表した図に過ぎないので、厳密に言うと図2のように期間限定とそれ以外を設けた時点で、異なるボーナス体系・異なるツリーであると判断することができます。

同じ商品なのにいつ購入されるかによって原資構成が異なります(図2の緑色)。

初回購入分はLV4までのボーナスが発生しない

ここで重要なのは、ダウンラインにて新規登録したメンバーの初回購入分は、図2でいう左側のボーナスにしか対応していませんので、図2の右側のボーナスは2回目以降の注文のみ対象になります。

図2の左側の初回購入分の最大還元率は50%で、図2右側のユニレベルも最大還元率は合計の50%となり、初回購入分も右側のボーナスに当て込むと、商品そのものの製造原価を超えて初回購入の還元率は100%になってしまいます。

ネットワークビジネスで報酬システムを組む側というのは、まず赤字になるようなシステム体系は組みません。

よく、バイナリーやバイナリー✕マッチングの2メイン体系で報酬システムを組むプランが、外資系を中心に主流となっています。

そのような場合も直接紹介者の初回購入はスポンサーに○%と設けているところが比較的多いです。

そして、よ〜〜〜く概要書面や報酬システムの詳細を呼んでみると、バイナリーのボーナスの左右グループのカウントは”初回購入以降の購入に限られる”と明記してあります。

まず赤字で組むようなところはないですし、赤字で組むようなところは企業側の利益を確保していないとなりますので、まず報酬システム依存の破綻型システムだと捉えていいでしょう。

初回だけ還元率を増やすことでモチベーションを維持しやすい

例えばバイナリーというのは、一番最初のサイクルの発生までに報酬が発生しないというデメリットがあります。

これを補うために、バイナリーとは別にLV1限定(要するに直接紹介者)のユニレベルによる高還元率のボーナスを別途用意して、リクルートに成功すると直接紹介者から○%とすぐ発生する体系を作り上げます。

これにより、バイナリーだけだとすぐ現金化が見えないものでも、LV1ユニレベルの別ボーナスを用意することで「結果を即時現金化」という体制を作り上げているため、どうしても「期間別の概念」を取り入れざるをえないのです。

いかがでしたでしょうか。

いくら○○ボーナス、○○ボーナスと複数用意しているような印象があっても、このように購入のタイミング(期間)で分けてボーナスが多いような設定にしているところが比較的多いので、ぜひ新しい知識として注視してみましょう。