ネットワークビジネス(MLM)のアクティブとは


今回はアクティブと呼ばれる状態について解説します。

ネットワークビジネスをしていれば必ずと言っていいほど重要になってくる内容です。

アクティブは最低数以上の定期購入をしている状態

これはMLM主宰企業の定める報酬システムによるので、金額や買わないといけない商品はそれぞれですが、一番基本的なのは、月収単位ならば毎月最低量以上、週給単位ならば4週間に最低数量以上の商品を自己購入することで、アクティブ状態となります。

注意してほしいのは、よく世間一般で言われる「大量在庫」「過剰在庫」や「買い込み」「借金」をする所以となっている、ブレイクアウェイの独立条件やバイナリーにおけるポジション比例タイプのりエントリーを指すわけではありません。

通常はどの会社も上記の期間の中で、毎回1万円~2.4万円程度を買うことで、アクティブが維持される形となります。

会社によってはオートシップと呼ばれる、自動定期購入を申し込んでいるメンバーだけにアクティブな状態を与えるところも存在します。

企業によっては、初回購入だけ多めに購入をすればより高いタイトルからスタートできたり、例えば8つ用意したボーナスの中で4つは1万円分の定期購入、残り4つは2万円の定期購入と、ボーナス受給条件を二重にするところなどもあり、様々ですのでよく概要書面を確認してください。

最低受給条件

アクティブ状態を保つ(=規定の金額もしくはポイントの商品を毎期間買う)ことで、まず定められるのは受給資格です。

要するにこの状態でないと、ダウンラインのメンバーを新規にリクルートしても、ダウンラインの誰かが商品を購入しても、ボーナスを受け取る資格がないことになります。

もともと、自分のダウンラインの自己購入が、アップラインの報酬になるわけですから、アクティブ状態として受給条件となるのは当然ですね。

でないと、ダウンラインに連鎖していきません。

タイトル昇格・維持条件

タイトルは、各MLM企業が独自に定める、複数用意された条件のことであり、その各条件ごとに「タイトル」と呼ばれる名称を定め、「◯◯タイトル」=「◯◯の条件を満たした」とすぐ判断できるようになっています。

基本的に上位タイトルに上がればあがるほど、その条件は厳しくなりますが、MLM企業によっては最低のタイトル維持条件として、このアクティブ状態を課しているところがあり、資格を維持するために必要な自己購入と捉えることができます。

もちろん、タイトル維持条件がないMLM企業もあります。

バイナリーの場合はポイントの繰越資格

バイナリーの構造を理解頂ければすぐイメージできますが、バイナリーのボーナス体系は、基本的に1:1(稀に2:1など)の比率で、左右グループのポイントが、低いポイントのグループを基準に差し引かれ、もう片方のグループのポイントがほぼ確実にあまります。

この余ったポイントを翌期間に繰越するために、アクティブ条件を課している場合があります。

つまりアクティブ状態でないと、繰り越されず余ったポイントは消滅するということです。ま、そのようなバイナリー採用の報酬システムの場合も、結局は最低受給資格を課してるので、そちらの面でアクティブ状態を保つ必要性が出て来る形です。