ユニレベルの仕組み ネットワークビジネス(MLM)の報酬プラン(システム)基礎

本記事で得られる知識

当記事では、ネットワークビジネスの報酬システムの原理の1つであるユニレベルについて解説します。

この記事はこんな方向けです。

この記事は、「オーバーライド」と「無制限型ツリー」の体系的な理解が必要です。

ユニレベル

今回はユニレベルについての解説です。

ユニレベルは簡単に言いますと、無制限幅ツリー版のレベル単位のオーバーライドです。

ユニレベルは報酬プランの中でも最もわかりやすいものの一つで、上記の2つの原理さえ理解できていれば非常に簡単だと思います。

またこちらのページのオーバーライドのレベル単位のケーススタディがそのままユニレベルのものとなります。

ユニレベル

制限幅ツリーでレベル単位のオーバーライドはX系マトリックス、無制限幅ツリーでレベル単位のオーバーライドはユニレベルです。

無制限幅なので、横の幅は何人でも配置でき、上から降ってくるスピルオーバーはありません。

完全に各ポジションの個人のリクルート力が試されるものであり、自身の活動の結果がダイレクトに反映されるわかりやくかつ最も理にかなっています。

更に、レベル単位なので1人の紹介者をリクルートして定期購入までもっていければ、それだけで(微々たる額ですが)権利収入の発生となるため、結果も見えやすいシンプルなものと言えます。

ユニレベルについての説明は終わってしまいました。。。

原理さえ理解してしまえば、説明も簡潔だということがおわかりかと思います。